自分のブランドロゴを作ってみよう

少し前から僕のサイトロゴをリニューアル・統一しました。




これです。

logo

このロゴは、某IT企業でディレクター・デザイナーを務めている@Takuma Saitouさんと別件で打ち合わせをしていたのですが、その時の話の流れで作って頂くことになりました。Saitouさんありがとうございます!

今回は紹介も含めて、このロゴとブランディングをした話をしようと思います。

元々あったサイト名から脹らませよう

僕のサイトは元々「Little Spring」という名称がありました。

そもそもこのLittle Springですが、

  • Little=小さい
  • Spring=泉

で、合わせて苗字のコイズミと、これでもかというぐらい安直なネーミングなんですが、語呂が良いので気に入っていて、それなりに愛着もあります。

こんな感じで元々ブランド名?と呼べるものがあったので、今回はこの「Little Spring」から膨らませていくことにしました。

ロゴのコンセプトを決めよう

まずはロゴのざっくりとしたコンセプト作りから始めていきます。

ここではまだ、ポップな感じとかシックな感じとか、そのぐらいの感覚でコンセプトを決めて行きました。僕はなんとなく、元気でポップな感じにしたかったので、この方向性にしました。

ブランド名に別の意味はつけられないか?

本来のブランドロゴは理念や思想といった意味ありきで、コンセプト策定→命名→デザイン作成の順になると思いますが、前述の理由で名称は既にあったため、順番が前後しますが、別の観点でコンセプトを加えることができないか?ということを考えました。

単語の意味を考える

Littleはそのまま小さい、少しという意味ですね。もう一つのSpringですが、調べてみたら、泉の他に次の様な意味がありました。

名詞
ばね
勢い
動機
動詞
弾む
跳ね上がる
始める
創める(はじめる)

おお〜。なんか膨らみそうな予感…!と、期待を弾ませながら構想を固めていき、最終的には次の2つのコンセプトを含めることに決めました。

コンセプトが決まった

コンセプト1:初心と初動と衝動

そもそも僕が「ものづくり」ということを始めたきっかけは、Webという表現の場があったからです。また、Webの仕事を始めて出会った人々や出来ごとを忘れずにいたい。

そういった「初心忘るべからず」という思いを込めました。

コンセプト2:アウトプットする

制作する者として、日々情報の収集すること、そして何よりも得たものを少しづつでもアウトプットしていくことが大切だと、僕は思っています。

そういった姿勢も、含めています。

最後に座右の銘である「継続は力なり」や「胆大小心」といった意味を表す「Keep them up , heart and soul.」を入れていました。

あとは、この後デザインですね。何パターンも作成して固めていきましょう。


こんな感じに、皆さんも自分のブランドロゴを作ってみてはいかがでしょうか?

サイトだけでなく、ポートフォリオに使ってみるのもありだと思いますよ。